2016.03.11

【予想スタメン】開幕2連勝中の鹿島、植田と昌子を中心に堅守を維持できるか

ueda
植田(左)、昌子(右)のコンビが2戦無失点に貢献している[写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ベガルタ仙台 六反の代役GK関に注目、ウイルソンら攻撃陣の奮起は必須

 今の仙台にとって何より欲しいのが、ホームゲームでの勝利だ。リーグ戦について言えば、昨年のJ1・2nd第6節を最後に、ホームで勝てていない。今節は、東日本大震災から5年が経過して初めてのゲームとなるために、被災地のホームタウンを元気づける上でも大きな試合と言える。しかしチームとして、この日に限らず、ホームで「勝ち続ける」ことでその役割を果たしたいという思いを、今季のスローガンの「Build Up」に込めている。今節の相手である鹿島は優勝候補で連勝中だが、臆せず勝利をつかみたいところだ。

 この一戦を前にした不安材料が、前節に六反勇治が負傷し、しばらく戦列を離脱すること。しかし、その試合で後を受けた関憲太郎が安定したプレーを披露し、コンディションの良さをうかがわせた。GKでは石川慧も負傷している緊急事態だが、関の好セーブに期待したい。

 また、仙台は開幕からの2戦で、攻撃陣がなかなかゴールに絡めていない。ここまでの2得点はボランチとDFが決めたものだが、それ以上に攻撃的ポジションの選手にシュートが少ない状況だ。ウイルソンらにはゴールに近い位置での仕事を増やしたい。

 攻撃の幅を広げる上で心強いのが、前節は契約の関係で出場できなかった三田啓貴の復帰だ。左利きのテクニシャンは、出場すればこれが仙台加入後の本拠地デビューとなる。開幕戦で決勝点を決めた背番号18の活躍にも期待したい。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
関憲太郎
DF
大岩一貴
平岡康裕
渡部博文
石川直樹
MF
金久保順
富田晋伍
三田啓貴
梁勇基
FW
奥埜博亮
ウイルソン

■鹿島アントラーズ 開幕から2試合連続完封勝利、隙のない守備が大きな勝因

 開幕から2連勝を飾った。スコアはともに1-0。点差をつけた勝利は強さの指標となり得るが、サッカーにおいては最少得点でも、強さを知らしめることができる。鹿島の2試合連続1-0は、まさにそんな試合だった。失点を覚悟した場面は、120分で1度しかなかった。ボール保持率で上回れられた時間帯でも、チャンスの数で勝る。2試合ともに勝つべくして、勝った試合だった。

 一つの要因として、植田直通、昌子源のセンターバックコンビの成長が挙げられる。試合中は2人で「うざいほどしゃべっている」(昌子)。前の選手への指示の声、連係を高める声などだ。一瞬の隙が失点を生む、という経験を重ねてきたことで、2人に「ささいな隙も与えない」(昌子)という意識が強く刻まれた。

 目立たないが、最前線にいる赤崎秀平も守備への貢献度は高く、仙台戦でも引き続き堅守が見られるはずだ。また、負傷離脱していた土居聖真が復帰したことで、ベンチの選択肢が今まで以上に広がることは間違いない。

 7日から9日の3日間、主力6人が日本代表候補合宿に招集されたため、チームの練習には参加できなかった。また、金崎夢生は腰の痛みで、その3日間、別メニューで調整した。しかし、いずれも影響は少ないと見られる。(totoONE編集部)

■鹿島予想スタメン
4-4-2
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
植田直通
昌子源
山本脩斗
MF
遠藤康
小笠原満男
柴崎岳
中村充孝
FW
金崎夢生
赤崎秀平

Jリーグ順位ランキング

川崎F
16pt
浦和
16pt
鳥栖
14pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る