2016.02.28

復帰の柿谷がフル出場…新戦力7名先発のC大阪が4年ぶりJ2の町田下す

サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J2リーグの開幕節が28日に行われ、FC町田ゼルビアとセレッソ大阪が対戦した。

 昨季はJ3で2位になり、J2・J3入れ替え戦で大分トリニータを下して2012年以来4年ぶりにJ2の舞台に戻ってきた町田が、昨季J2で4位のC大阪をホームに迎えての一戦となった。町田は新戦力の中島裕希、谷澤達也、畠中槙之輔の3名が先発メンバー入り。昨季チームトップの12得点を挙げた鈴木孝司もスタメンに名を連ねた。C大阪は1年半ぶりに復帰を果たし、主将も務める柿谷曜一朗がスタメン入り。加えて、リカルド・サントス、ブルーノ・メネゲウ、杉本健勇、山村和也、ソウザ、松田陸と新加入選手7名が先発出場となった。

 最初にチャンスを作ったのは町田。9分、右サイドから鈴木崇文が左足でグラウンダーのクロスを入れると、エリア内中央に鈴木孝が飛び込んだがGKキム・ジンヒョンが阻み、シュートには至らない。

 対するC大阪は12分、左サイドで得たFKをソウザが右足でクロス。相手のクリアがファーサイドに流れ、エリア内で山下達也が左足で合わせたが、GK高原の正面をつき先制点とはならない。

 23分、町田は右サイドを抜け出した中島がクロスを供給。クリアされたボールをエリア外からリ・ハンジェが右足で直接狙ったが、ゴール上に大きく外れてしまう。

 攻める町田は26分、土岐田洸平のスルーパスでエリア内左に抜け出した森村昂太が左足でシュートを放ったが、GKキム・ジンヒョンが好セーブでゴールを許さない。さらに32分、右サイドからの低いクロスに、ニアサイドに走り込んでいた鈴木孝が右足で合わせるが惜しくもゴール右に逸れた。

 40分には町田が細かいパスをつなぎながらチャンスを作る。土岐田からエリア外中央でボールを受けた谷澤が、巧みなコントロールで相手DFをかわして右足でシュートを打ったがゴール右上に外れた。前半はこのままスコアレスで折り返した。

 後半の立ち上がりはC大阪がペースを握る。52分、右サイドで得たFKを柿谷が右足でクロスを入れると、ファーサイドで山下が頭で直接合わせたがファールの判定を受けてしまう。

 さらにC大阪は56分、ブルーノ・メネゲウからパスを受けた杉本がエリア内中央から右足で狙ったが、GK高原が好セーブで阻んだ。

 65分にはC大阪にビッグチャンスが訪れる。ロングボールを杉本が胸で落として、柿谷がエリア外から右足で直接シュート。相手DFに当ってエリア内にいたブルーノ・メネゲウが右足でシュートを放ち、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でゴールは認められない。

 試合が動いたのは71分。右CKのチャンスを得たC大阪は、ブルーノ・メネゲウが右足でクロスを入れる。エリア内中央から山村が強烈なヘディングシュートを叩き込み、先制に成功する。

 町田は失点直後に交代カードを切る。72分、谷澤に代えて重松健太郎を投入。87分には森村に代えて戸島章を投入するが、町田はなかなかチャンスが作れない。

 このまま試合は終了し、C大阪が町田に1-0で勝利。C大阪は開幕戦を白星で飾った。なお、試合が行われた町田市立陸上競技場には史上最多の10,112人の観客が集まった。

 次節、FC町田ゼルビアは3月6日にホームで京都サンガF.C.と、C大阪は敵地で水戸ホーリーホックと対戦する。

【スコア】
FC町田ゼルビア 0-1 セレッソ大阪

【得点者】
0-1 71分 山村和也(セレッソ大阪)

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る