2015.11.23

栃木のJ3降格決定…大分はJ3町田との入れ替え戦で残留へ最後の望み

サッカー総合情報サイト

 2015明治安田生命J2リーグ最終節が23日に行われ、最下位の栃木SCがコンサドーレ札幌に1-4で敗戦し、J3降格が決定した。大分トリニータは21位が確定し、J2・J3入れ替え戦に進むことが決まった。

 昨シーズンからJ3が新設されたことで、J2の最下位はJ3に自動降格、21位はJ3の2位と入れ替え戦にまわる。最終節を前に最下位の栃木(勝ち点38/得失点差-9)と21位の大分(勝ち点38/得失点差-9)は21位以下が決定。そのため、両チームにとってJ2・J3入れ替え戦進出が残留へ最後の望みとなった。

 栃木はアウェーで札幌と対戦。29分に都倉賢、 42分に宮澤裕樹、前半アディショナルタイムの46分に福森晃斗のゴールを許し、前半の内に3点ビハインドとなる。後半に入って48分に金子翔太の得点で1点を返すが、57分に堀米悠斗に失点を喫し、再びリードは3点に。試合はこのまま終了し、栃木は1-4で敗れた。

 一方、2位のジュビロ磐田とホームで対戦した大分は、62分に伊野波雅彦の得点で先制を許すが、終了間際の90分にパウリーニョが同点ゴールを獲得。しかし直後の後半アディショナルタイム91分に小林祐希のゴールを喫し、大分は1-2で敗れた。

 この結果、勝ち点は変わらず、栃木の最下位が確定しJ3降格が決定。大分は21位でJ2・J3入れ替え戦進出が決まり、残留をかけて29日にJ3・2位のFC町田ゼルビアと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る