2015.10.17

清水がクラブ史上初の降格…浦和がG大阪に敗れ年間首位陥落/J1・2nd第14節

J1セカンドステージ第14節終了時の年間順位表
サッカー総合情報サイト

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第14節が17日に各地で行われた。



 年間順位2位のサンフレッチェ広島は、ホームに同5位の川崎フロンターレを迎えた。広島が50分に柴崎晃誠のゴールで先制するが、83分に大久保嘉人の得点で川崎に同点とされる。しかし後半アディショナルタイム93分に山岸智が勝ち越しゴールを挙げて、広島が2-1の勝利を収めた。

 同1位の浦和レッズは、アウェーで同4位のガンバ大阪と対戦。7分に阿部浩之、 59分に長沢駿の得点でG大阪に2点リードを許す。終盤に猛攻を仕掛けた浦和は、後半アディショナルタイム91分にズラタンのゴールで1点差とするが、反撃もここまで。1-2で敗れ、2試合勝利から遠ざかった。この結果、浦和は広島に勝ち点「65」(年間順位)で並ばれ、得失点差で首位の座を明け渡した。

 残留争いで厳しい戦いが続く年間最下位の清水は、ホームで同12位のベガルタ仙台と対戦。開始4分にハモン・ロペスのゴールで仙台に先制を許すと、この得点がそのまま決勝点となり、0-1で敗れた。

 一方、同16位で降格圏内の松本山雅FCと対戦した同15位アルビレックス新潟は、61分に端山豪、 64分に大井健太郎がゴールを奪い、2-0で勝利。松本との勝ち点差を「6」に広げ、残留に大きく前進した。この結果、清水は残り3試合で、同15位になった神戸との勝ち点差が「11」(年間順位)のため、クラブ史上初のJ2降格が決まった。

 その他の試合は以下のとおり。

■J1 2nd第14節結果(17日開催)
鹿島アントラーズ 3-2 柏レイソル
FC東京 1-2 湘南ベルマーレ
横浜F・マリノス 2-1 ヴィッセル神戸
清水エスパルス 0-1 ベガルタ仙台
ガンバ大阪 2-1 浦和レッズ
サンフレッチェ広島 2-1 川崎フロンターレ
アルビレックス新潟 2-0 松本山雅FC
サガン鳥栖 0-0 名古屋グランパス
モンテディオ山形 0-1 ヴァンフォーレ甲府

■J1 2nd第14節暫定順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 広島(1位)(勝ち点31/得失点差21)
2位 鹿島(6位)(勝ち点31/得失点差12)
3位 横浜FM(7位)(勝ち点25/得失点差10)
4位 G大阪(4位)(勝ち点25/得失点差4)
5位 FC東京(3位)(勝ち点24/得失点差6)
6位 浦和(2位)(勝ち点24/得失点差3)
7位 川崎(5位)(勝ち点23/得失点差8)
8位 柏(9位)(勝ち点23/得失点差4)
9位 湘南(8位)(勝ち点20/得失点差2)
10位 新潟(13位)(勝ち点19/得失点差0)
11位 名古屋(10位)(勝ち点18/得失点差-7)
12位 甲府(11位)(勝ち点16/得失点差-3)
13位 神戸(15位)(勝ち点13/得失点差-3)
14位 鳥栖(14位)(勝ち点13/得失点差-9)
15位 仙台(12位)(勝ち点12/得失点差-7)
16位 松本(16位)(勝ち点12/得失点差-13)
17位 山形(17位)(勝ち点10/得失点差-12)
18位 清水(18位)(勝ち点8/得失点差-16)

■J1 2nd第15節日程(24日開催)
FC東京 vs 浦和
川崎 vs 横浜FM
湘南 vs 鹿島
甲府 vs 広島
松本 vs 鳥栖
清水 vs 柏
名古屋 vs 新潟
神戸 vs 山形
仙台 vs G大阪 ※25日開催

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
86pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る