2015.10.08

英紙が有望な若手50名発表…G大阪の堂安を選出「新時代の象徴」

堂安律
5月27日のFCソウル戦でプレーする堂安律(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イギリス紙『ガーディアン』が1998年生まれの将来有望な選手50名を発表した。日本人からは唯一、ガンバ大阪のMF堂安律が選ばれている。

 同紙は堂安を「日本サッカー界の新時代の象徴」と紹介。さらに、「スピード、高いドリブル技術、驚くべきフィジカルの強さを持っている」とその能力の高さを評価した。

 現在高校2年生の堂安はG大阪のユースに所属し、2種登録でトップチームにも登録されている。今年5月に、AFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで韓国のFCソウルと対戦した際、後半終了間際に途中投入され、トップチームデビューを飾った。また、AFC U-19選手権予選(U-20ワールドカップ・アジア1次予選)を戦ったU-18日本代表にも選出され、日本のグループ1位突破に貢献した。

 同紙が選出した50名には堂安の他に、今年5月、レアル・マドリードのクラブ史上最年少出場記録を更新したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアや、16歳でミランとプロ契約を結び、イタリア国内で評価が高いモロッコ代表FWハキム・マストゥールらが名を連ねた。

■選出された若手有望選手50名

▼GK
ルカ・フェルナンデス(フランス)
ハヴィヴ・オハヨン(イスラエル)
ジャスティン・バイロウ(オランダ)

▼DF
ダヨ・ウパメカノ(フランス)
マヌエル・ニコレッティ(イタリア)
ウリセス・トーレス(メキシコ)
ティモシー・フォス・メンサー(オランダ)
ペドロ・ぺレイラ(ポルトガル)
ホセ・マリア・アモ(スペイン)

▼MF
パノス・アルメナカス(オーストラリア)
サンディ・ロヴリッチ(オーストリア)
イスマイール・アッザーウィ(ベルギー)
クリスティアン・ビエリク(ポーランド)
リンコン(ブラジル)
マテウス・ペレイラ(ブラジル)
ヘスス・マリモン(コロンビア)
ヤコブ・ブルーン・ラーセン(デンマーク)
マルティン・ウーデゴーア(デンマーク)
フェリクス・パスラック(ドイツ)
カーン・カイリネン(フィンランド)
ビラル・ブトバ(フランス)
ファビオ・ベンコ(ドイツ)
レザ・シェカリ(イラン)
マヌエル・ロカテッリ(イタリア)
パブロ・ロペス(メキシコ)
アキム・マストゥール(モロッコ)
ジャヴァイロ・ディルロスン(オランダ)
ヤニス・ハジ(ルーマニア)
ゼフラディン・メフメドヴィッチ(セルビア)
リアム・ヨルダン(南アフリカ)
堂安律(日本)

▼FW
フランコ・ロペス(アルゼンチン)
トマス・コネクニー(アルゼンチン)
エヴァンデル・フェレイラ(ブラジル)
ダヴォール・ロヴレン(クロアチア)
ドミニク・スメカル(チェコ)
ジェフ・レーヌ・アデレード(フランス)
ディミトリス・リムニオス(ギリシャ)
シディキ・マイガ(マリ)
ハン・カンソン(北朝鮮)
ラフィーク・ゼフニーニ(ノルウェー)
アルテム・ガラツァン(ロシア)
ヤン・ムラカール(スロヴェニア)
イ・スンウ(韓国)
クキ(スペイン)
ダニ・オルモ(スペイン)
ザカリアス・フォール(スウェーデン)
イブラヒム・デミルバフ(トルコ)
クリスティアン・プリシッチ(アメリカ)

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
10pt
横浜FC
10pt
東京V
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
長野
6pt
福島
6pt
富山
6pt
Jリーグ順位をもっと見る