2015.05.31

幼なじみの三田啓貴とチームを勝利に導いた武藤嘉紀「感慨深い」

武藤嘉紀
ヒーローインタビューに応じた三田啓貴(左)と武藤嘉紀(右) [写真]=瀬藤尚美

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第14節が30日に行われ、FC東京はホームで柏レイソルと対戦し、2-1で勝利を収めた。

 試合は、32分にMF三田啓貴のゴールでFC東京が先制するも、62分に献上したPKをレアンドロに決められて同点。その後、今度はFC東京がPKを獲得すると、直後に地震が発生し試合が一時中断となった。PKからの再開となったFC東京だが、これを武藤嘉紀がしっかり決めて勝ち越し。試合はそのまま2-1で終了した。

 試合後、決勝点を挙げた武藤は、「決勝点を決めてチームを勝たせることができて良かったです」と喜びのコメントすると、PKについては、「地震直後だったので、緊張感もありました」と明かした。さらに、この日、マインツへの移籍が発表された同選手は、「それ以上に今日の発表もあったので、自分の力でチームを勝利に導きたかったです」と同試合での勝利へのこだわりを語った。

 また、この日で先制点を挙げた三田と幼なじみの武藤は、「タマ(三田)とは小学生の頃からずっと一緒で、初めて会ったのは小学1年生の時です。そこからずっと一緒にいて遊んだり、サッカーをしたりしていました」と明かしており、2人でヒーローインタビューに応じたことについては、「こうやって二人がゴールを決めたことは非常に感慨深いです」と感想を語った。

 FC東京は次節、7日にアウェーで松本山雅FCと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る