2015.02.23

Jリーグ、W杯で話題の「バニシング・スプレー」を今季から正式導入

Jリーグへの導入が発表されたバニシング・スプレー [写真]=Bongarts/Getty Images

 Jリーグは23日、2015明治安田生命Jリーグ公式試合において、バニシング・スプレーを導入することを発表した。



 バニシング・スプレーは、昨夏のブラジル・ワールドカップで使用され話題となったアイテムの1つで、主審が一時的な目印としてピッチに噴射するスプレー。スプレーの泡は約1分程度で完全に消えるため、後のプレーに影響を与えることなく使用できる。

 ブラジルW杯後には、イングランドのプレミアリーグやスペインのリーガ・エスパニョーラ、イタリアのセリエAなど、ヨーロッパの主要リーグでも導入され、日本でも昨シーズンのJリーグヤマザキナビスコカップ決勝戦において、試験的に使用されていた。

 同スプレーの使用は、フリーキックにおける攻撃側と守備側の距離の確保を目的としており、Jリーグは「リスタート時間の短縮等により、よりスピーディーな試合展開の実現を目指す」と述べている。

 なお、バニシング・スプレーが導入される試合はJ1、J2、ナビスコカップの全試合および、ゼロックススーパーカップ、J1昇格プレーオフ、J2・J3入れ替え戦、Jリーグチャンピオンシップで、J3リーグは対象外となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る