2014.12.04

J1クライマックス…G大阪、浦和、鹿島の優勝条件まとめ

三つ巴の優勝争いを制するのはどのクラブか [写真]=Getty Images

 J1最終節が、6日に行われる。優勝争いは最後までもつれ、可能性はガンバ大阪と浦和レッズ、鹿島アントラーズの3チームに絞られた。

 勝ち点62で首位に立つのは、G大阪。前節にヴィッセル神戸を下し、今シーズン初めて首位に浮上。最終節では、既に降格の決まっている最下位の徳島ヴォルティスとアウェーで対戦する。2位の浦和と同勝ち点ながら、得失点差は7差で上回る。勝利を収めれば、9年ぶり2度目のJ1制覇が見込まれる。

 一方、浦和は前節にサガン鳥栖と引き分け、14試合守った首位から陥落。最終節は、ホームで11位の名古屋グランパスを迎える。得失点差でG大阪と3位の鹿島を下回るため、勝利した上でG大阪が引き分け以下、あるいは引き分けでG大阪が敗れて鹿島が引き分け以下に終われば、8年ぶり2度目の優勝が決まる。

 勝ち点60の鹿島は、鳥栖とのホーム戦で勝利が絶対条件。G大阪と浦和が勝利すると優勝の可能性はないが、上位2チームが敗れた場合は、5年ぶり8度目の王者となる。G大阪が引き分けた場合(浦和は負け)は、得失点差の争いで3点差以上の勝利は優勝、2点差の勝利だと総得点の勝負となるが、現時点で5ゴール上回っているため、優勝は確実と言えそうだ。

 G大阪が敗れ、浦和が引き分け、鹿島が勝利した場合は、浦和と鹿島が勝ち点63となるが、得失点差で上回る鹿島がJ1王者となる。

 上位3チームの成績は以下の通り。

1位 G大阪 勝ち点62 得点59 失点31 得失点差プラス28 最終節は対徳島(A)
2位 浦和 勝ち点62 得点51 失点30 得失点差プラス21 最終節は対名古屋(H)
3位 鹿島 勝ち点60 得点64 失点38 得失点差プラス26 最終節は対鳥栖(H)

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
13pt
東京V
12pt
徳島
12pt
Jリーグ順位をもっと見る
富山
9pt
福島
9pt
鳥取
7pt
Jリーグ順位をもっと見る