2014.04.28

フォルラン、サネッティやミリートらの日本移籍後押し? 「連絡取っている」

ミリート
現在もインテルでプレーするサネッティ、ミリート、カンビアッソ(左から) [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪に所属するウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、イタリアメディア『calciomercato.com』のインタビューに応じ、インテル時代の同僚たちをJリーグに勧誘した。

 フォルランは、2011-12シーズンにアトレティコ・マドリードからインテルに加入したが、負傷の影響などにより、インパクトを残せず、1シーズンでブラジルのインテルナシオナルへと移籍した。

 インテル時代を後悔しているか問われたフォルランは、「当然、もっとプレーしたかったし、何年もインテルにいたかった。偉大なクラブだし、僕はあまりプレーできなかったけど、たくさんの友人がいる。インテルの時はたくさんのけがに見舞われた。一新したかったんだ。他のクラブなら、確実にプレーできる時間が増えたしね。これほどけがをしたことはなかった。後悔はしていないよ。僕にすごく良くしてくれたし、全てのファン、クラブ、チームメートに感謝している」と、イタリア時代に後悔はないと回答。

 また、当時の同僚であった、ワルテル・サムエル、ディエゴ・ミリート、ハビエル・サネッティ、エステバン・カンビアッソのベテラン勢に、日本でのプレーを勧めるか問われると、「もちろん、彼らはここでプレーできる。連絡は取っているし、彼らとは素晴らしい関係にあるんだ。ミラノにいた時は、選手として難しい時間を過ごしていたけど、ピッチの外では何の問題もなかった」とコメント。フォルランに続き、大物外国人選手が日本で見られるかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る