2016.08.30

U12バルサ、優勝後の振る舞いが話題に! 敗れた大宮ジュニアを称える姿が感動を呼ぶ

バルセロナ
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016はバルセロナが制した [写真]=本田好伸
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 強豪クラブの育成年代が日本に集結し、王者を目指して争う「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」。大和ハウスグループが特別協賛するこの大会は2013年に始まり、今年が4回目にあたる。バルセロナが例年参加していることもあり、日本でも徐々に知名度が高くなっている。

 2016年大会は8月25日から4日にわたって開催され、全16チームが参加。決勝戦にはバルセロナ大宮アルディージャジュニアが勝ち進み、28日に味の素フィールド西が丘で激突した。

 25分ハーフで行われた試合は試合終了間際の44分、チャビエル・プラナスが決勝ゴールを挙げて、1-0でバルセロナが勝利。2年ぶり3回目の優勝を果たしたのだが、タイムアップ直後にバルセロナの選手たちが見せた振る舞いがあまりにも清々しいと大きな話題となっている。

 同大会のメディアパートナーであり、この試合を中継していた『スカパ-!』の公式動画によると、タイムアップのホイッスルとともに、バルセロナの選手たちは喜びを爆発させる。しかし、それとは対照的に大宮の選手たちがピッチに崩れ落ちるのを見ると、輪になって喜んだ後、すぐさま大宮の選手のもとへ慰めに行ったのだ。

 なかでも、キャプテンを務めたアドリア・カプデビラの対応は凄かった。一人ひとりの頬にしっかりと手をやり、まるで何かを語りかけるようにして励ましの言葉を送ったのだ。優勝を決めた直後、ここまで誠意を持って相手を励ますのはなかなかできることではない。そしてこうした行動を、バルセロナの一人ひとりがとっていた。

 おそらく言葉は通じないはずだ。それでも選手たちは大宮の選手の頭を撫で、抱きかかえ、勇敢な敗者を称えた。

 バルセロナのカンテラには寮があり、そこではサッカーだけでなく勉強や人間形成をサポートするプログラムも用意されているという。試合に勝利した後でも対戦相手に敬意を払うというメンタリティは、そうしたなかで育まれたに違いない。

 また、46万人のフォロワーを抱えるバルセロナ下部組織のツイッターも、日本のユーザーがあげた動画を引用する形でこの素敵な光景を紹介している。

 サッカーというスポーツの素晴らしさ、そして世界最高とも言われるバルセロナ下部組織の凄みが凝縮されたようなシーンであった。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング