2014.11.28

阪神・淡路大震災20年チャリティーマッチが開催決定…カズ、宮本ら豪華メンバーが競演

三浦知良
会見に出席した三浦知良選手(左)、吉田孝行氏(中央)、宮本恒靖氏(右) [写真]=義村治子

 28日、神戸市役所にて記者会見が開かれ、『阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ』の開催が発表された。

 会見には、皆川広一氏(チャリティーマッチ代表実行委員長/兵庫県サッカー協会理事)、横浜FC所属の三浦知良選手、元日本代表キャプテンの宮本恒靖氏、昨シーズン限りで現役を引退し現在はヴィッセル神戸アンバサダーを務める吉田孝行氏が出席。

 チャリティーマッチは、1995年1月17日の震災からちょうど20年を迎える2015年1月17日にノエビアスタジアム神戸にて行われる。発起人となり試合開催に向けて尽力した吉田氏は、「震災が起こったこの日にチャリティーマッチを行うべきだと強く思った。1月17日にチャリティーマッチを開催することで、日本全国、そして東北にメッセージを届けたい」とコメント。

 続けて、2001年から4年半、ヴィッセル神戸に在籍した三浦知良選手は、「こういった形でチャリティーに参加できるのは光栄なこと。震災を忘れないために、そして明るい未来をつくっていくために、サッカーを通して貢献していきたい」と語った。

 また、宮本恒靖氏は「自分も高校3年生のときに震災を体験した。この試合をたくさんの人に観てもらうことで、震災の記憶を次の世代につないでいきたいと思う」と話しつつ試合については、「やるからには引き締まったゲームにしたい。ラインコントロールもしっかりやりたいし、いい準備をして試合に臨みたい」と意気込みを語っている。

 試合はヴィッセル神戸で活躍した選手を中心とするKOBE DREAMSと、日本代表として活躍した選手を中心とするJAPAN DREAMSが激突。KOBE DREAMSは永島昭浩氏が、JAPAN DREAMSは岡田武史氏が監督を務め、出場選手も下記のとおり豪華メンバーが予定されている。

[KOBE DREAMS 出場予定メンバー]※順不同、敬称略
石末龍治、紀氏隆秀、宮本恒靖、吉村光示、土屋征夫、菅原智、三浦淳寛、平野孝、朴康造、キム ナミル、近藤岳登、遠藤彰弘、佐伯直哉、吉田孝行、薮田光教、岡野雅行、栗原圭介、三浦知良、平瀬智行、和多田充寿、播戸竜二、北本久仁衛、徳重健太

[JAPAN DREAMS 出場予定メンバー]※順不同、敬称略
都築龍太、田中誠、森岡隆三、中西永輔、鈴木秀人、栗原勇蔵、山田暢久、波戸康広、服部年宏、茶野隆行、名波浩、山口素弘、岩本輝雄、中村俊輔、前園真聖、久保竜彦、吉原宏太、安永聡太郎、北嶋秀朗

 なお、今回のチャリティーマッチの収益金は、阪神・淡路大震災および東日本大震災の復興支援活動へ寄付される。

 チケットは2014年12月1日(月)10時より、ヴィッセル神戸公式チケットサイト「VISSEL TICKET」をはじめ、各プレイガイドなどで販売開始予定。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
50pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る