FOLLOW US

元ガーナ代表MFエッシェンが引退へ…解説者として第二の人生をスタート

元ガーナ代表のエッシェン。今後は解説者として活動していくようだ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、サウジアラビアで解説者としてデビューを果たしたようだ。ガーナメディア『Ghanasoccernet』が報じている。

 昨シーズン、ギリシャのパナシナイコスでプレーしていたエッシェンであるが、ケガに苦しんだこともあり、十分にプレーすることはできず、今夏チームを離れていた。

 中国などのクラブと噂になっていたものの、最終的にはコメンテーターとして第二の人生を歩み始めたという。

 記事によれば、エッシェンは先日行われたサウジアラビア・スーパーカップの放送において、スポーツチャンネル『MBCスポーツ』のコメンテーターを務めたとのことだ。

 この試合はロンドンのクレイヴン・コテージで行われたものので、現地やサウジアラビアからやってきたファンなど1万6000人以上の観客を集めた。

『MBCスポーツ』はサウジアラビア・プレミアリーグの放映を行っていることで知られ、日本からもストリーミングなどで視聴が可能である。

 エッシェンは今後、中東地域だけではなくイギリスメディア『スカイスポーツ』や同『BTスポーツ』、南アフリカメディア『Supersports』などで解説を行っていく可能性が示唆されている。

 なお、トップレベルの解説者は1試合5千ポンド(約66万円)以上のギャラが支払われるとのことだ。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA