FOLLOW US

スアレス欠場のウルグアイ、カバーニの得点を守りきりモロッコに辛勝

 国際親善試合が28日に行われ、モロッコ代表とウルグアイ代表が対戦した。
 
 ウルグアイはFWエディンソン・カバーニが先発メンバーで起用された。FWルイス・スアレスは29日に行われる古巣リヴァプールのチャリティーマッチに参加するため、今回はメンバー外となっている。
 
 ウルグアイはカバーニを中心にモロッコ・ゴールへと迫る。25分、カウンターから、カバーニが起点となり、カルロス・サンチェスが左サイドに抜け出しクロス。ゴールまであと一歩に迫った。

 一方、モロッコにもチャンスが訪れる。26分、カウンターからノルディン・アムラバトが抜け出し、GKと1対1の場面を迎えるも、シュートは枠に飛ばず。モロッコはその後も、細かいパス回しでウルグアイ守備陣を脅かす。44分には右サイドからのクロスをザカリア・ラビヤドがヒールで合わせるも、ポストに当たり、ゴールは奪えなかった。

 すると後半立ち上がり、ウルグアイが一瞬の隙を突く。51分、DFラインの裏に抜け出したディエゴ・ロランが、ペナルティエリア内で倒されPKを獲得。このPKをカバーニが冷静に沈め、ウルグアイが51分に先制に成功する。

 先制されたモロッコも慌てず、オマル・エル・カドゥーリやカリム・エル・アフマディを中心に攻め立て、反撃の機会をうかがう。しかし、試合終盤に立て続けに訪れた決定機も、最後まで生かすことは出来ず。試合はこのまま1点のリードを守りきり、ウルグアイが1-0でモロッコに勝利した。

【スコア】
モロッコ 0-1 ウルグアイ

【得点者】
0-1 51分 エディソン・カバーニ(PK)(ウルグアイ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO