FOLLOW US

W杯8強と躍進のコスタリカ、韓国に敵地で3得点貫録勝ち

韓国代表に勝利したコスタリカ代表 [写真]=Getty Images Sport

 国際親善試合が14日行われ、韓国代表とコスタリカ代表が対戦した。

 アウェーゲームに臨んだコスタリカ代表は、今夏に行われたブラジル・ワールドカップで死の組と目されたグループリーグを1位で通過し、同国史上初のベスト8という成績を残していた。しかし、チームを率いたホルヘ・ルイス・ピント監督が辞任し、現在はFC東京でプレーした経験のあるパウロ・ワンチョペ氏が監督代行を務めている。一方の、韓国代表もウリ・シュティーリケ監督就任後2試合目となり、新体制同士の対決となった。

 試合は37分、ブライアン・ルイスがヘディングで落としたボールを、セルソ・ボルヘスが豪快なボレーシュートを決め、コスタリカが先制する。このまま前半が終了すると思われたが、45分に韓国がパスワークから右サイドを崩し、ソン・フンミンのクロスをイ・ドングが合わせ同点に追いつく。

 しかし後半開始直後の47分、右からの低いクロスを再びボルヘスがヒールで流し込み勝ち越しに成功する。78分には右コーナーキックをオスカル・ドゥアルテがヘディングで決め突き放し、そのまま3-1でコスタリカ代表が勝利した。

 この勝利により、コスタリカ代表はブラジルW杯後5試合負けなしとなった。

【スコア】
韓国 1-3 コスタリカ

【得点者】
0-1 37分 セルソ・ボルヘス(コスタリカ)
1-1 45分 イ・ドング(韓国)
1-2 47分 セルソ・ボルヘス(コスタリカ)
1-3 78分 オスカル・ドゥアルテ(コスタリカ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO