2014.07.27

香川、後半からボランチで出場…マンUは前半3得点でローマに逃げ切り勝ち

ルーニー
2得点のルーニー(右)と1得点のマタ(左) [写真]=Getty Images

 北米で開催されているプレシーズンマッチ「インターナショナル・チャンピオンズカップ」のグループA第1試合が26日にデンバーで行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとローマが対戦。香川はベンチスタートだった。

 マンチェスター・Uは3バックで試合に臨み、ウェイン・ルーニーダニー・ウェルベックが2トップを組み、トップ下にフアン・マタが入った。今夏新加入のアンデル・エレーラも先発となった。一方のローマはフアン・マヌエル・イトゥルベやセイドゥ・ケイタ、ウルビー・エマヌエルソン、サリフ・ウチャン、レアンドロ・パレデスといった新加入選手が多数スタメンに起用された。

 開幕前のプレシーズンということもあり、若手選手を起用する両チーム。まだ連携面や個人面でミスもある中、ローマがややペースを掴んで、試合が進む。

 迎えた36分、マンチェスター・Uはゴール正面やや遠い位置でボールを受けたルーニーが、右足を振り抜くと、鮮やかな弾道でボールがゴール左に吸い込まれてネットを揺らし、先制に成功する。さらに3分後にはハーフウェーラインやや自陣側からルーニーがDFライン裏にロングボールを送ると、飛び出したマタがGKウカシュ・スコルプスキの頭上を越えるループシュートを決めて、リードを広げる。

 前半終了間際にはウェルベックがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。ルーニーがきっちりと決め、マンチェスター・Uが3点のリードを得て、試合を折り返す。

 ハーフタイムにマンチェスター・Uはメンバー9選手を変更。香川もピッチに立ち、ボランチの位置に入った。後半はローマがボールを支配。香川はロングボールでの展開や前線にも積極的に顔を出し、存在感を見せる。

 75分にローマは、自陣から途中出場のミラレム・ピアニッチが、相手GKベン・エイモスの位置を見て、ロングシュートを決めるスーパーゴールを見せて1点を返す。84分にはレアンドロ・カスタンがセットプレーの流れからゴール前でバイシクルシュートを打ったが、GKエイモスがなんとか触り、ボールはポストをヒットした。

 ローマは89分に相手DFマイケル・キーンのペナルティエリア内でのハンドによりPKを獲得。後半途中出場のフランチェスコ・トッティが決めて、1点差とする。しかし、反撃もここまで。マンチェスター・Uが3-2で勝利した。

 両チームは今後同大会でレアル・マドリード、インテルとの対戦を控える。

【スコア】
マンチェスター・U 3-2 ローマ

【得点者】
1-0 36分 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)
2-0 39分 フアン・マタ(マンチェスター・U)
3-0 45分 ウェイン・ルーニー(PK)(マンチェスター・U)
3-1 75分 ミラレム・ピアニッチ(ローマ)
3-2 89分 フランチェスコ・トッティ(PK)(ローマ)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング