2018.06.17

親子揃ってデンマーク守護神…ペルー戦で好セーブ連発の息子を「誇りに思う」

デンマークの守護神
ピーター・シュマイケル(左)とカスパー・シュマイケル(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルの父ピーター・シュマイケルが息子の活躍に喜びのツイートをした。

 16日、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループCの初戦が行われ、デンマーク代表はペルー代表と対戦し、1-0勝利。2010年の南アフリカW杯以来の出場となるデンマークが白星スタートをきった。

 試合は59分にユスフ・ポウルセンが先制点を挙げデンマークが先制。その後守護神のK・シュマイケルを中心にデンマークがペルーの反撃から1点を守りきった。

 そして試合後、PKストップなど好セーブを連発した息子を父のP・シュマイケルが称賛している。

「(息子を)本当にとても誇りに思う!」

 FIFAワールドカップ公式Twitterは次のように親子にコメントしている。

「父と息子。20年ぶりに、カスパー・シュマイケルが父ピーター・シュマイケルの後に続きW杯の舞台に立った」

 父のP・シュマイケルは現役時代マンチェスター・Uなどでプレー。1998年にはフランスワールドカップに出場しており、デンマークの守護神として活躍した。なお、K・シュマイケルは現在日本代表FW岡崎慎司の所属するプレミアリーグのレスターでゴールマウスを守っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
グラナダ
10pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング