2014.02.11

バルセロナMFイニエスタ「3チームの優勝争いはファンにとって良いこと」

イニエスタ
セビージャ戦でメッシ(背)の得点をともに喜ぶイニエスタ [写真]=Getty Images

 9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節、バルセロナはアウェーでセビージャに4-1で逆転勝利を収めた。この結果、バルセロナは前日の試合でアルメリアに敗れたアトレティコ・マドリードに勝ち点で並び、得失点差により首位に返り咲いた。

 試合後、この一戦を中継した『Canal Plus』とのインタビューに応じたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、わずか1週間での首位奪回を喜んだ。

「このようなチャンスは逃す訳にはいかなかった。勝てば首位に戻れるという試合だったので、僕達はその重要性をひしひしと感じていた。どちらのチームにとってもプレーするのに良い環境とは言えなかったけれども、しっかりと結果を残すことができた」

 イニエスタはまた、首位バルセロナ、2位アトレティコ・マドリード、3位レアル・マドリードが勝ち点で並ぶ史上稀に見る優勝争いを前向きに捉えた。

「ここまで互角の優勝争いが3チームの間で繰り広げられているのは、全てのファンにとって良いことだと思う。僕達は最後まで戦い抜くまでだ」

 この日が3試合振りの先発出場、10試合振りのフル出場となったイニエスタ。しかし、自身の出場機会の減少については問題視せず、チーム全体での戦いを強調した。

「これはスタメンか控えかという問題ではない。僕はいつでも自身を持ってプレーしている。選手起用は監督が決めるものであり、ここにはチームをどのようにマネージメントすべきか心得ている指揮官がいる。チームの全選手が起用して貰えるよう準備を整えている。タイトルは皆で勝ち取るものだ」

 イニエスタは一方、この試合で2ゴールを決めたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについては、別格の存在との見解を改めて示した。

「メッシの存在に気付かない試合などない。なぜなら彼は常に目立つ活躍をしているからだ。彼はわずか数分、ほんの一瞬で勝負を決めることができる数少ない選手であり、それを殆ど毎試合やってのける唯一無二の選手だ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る