2015.02.02

本田、ミランの布陣変更に言及「ポジショニングが変わってくる」

本田圭佑
パルマ戦に先発出場した本田(左) [写真]=Getty Images

 セリエA第21節が1日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはパルマに3-1で勝利を収めた。

 試合後にフィリッポ・インザーギ監督が4-2-4の布陣で臨んだことを明かしたパルマ戦において、本田は右サイドで先発し、途中からは左サイドでプレーした。

 これまで3トップの一角として戦ってきた本田は、自身の役割の変化に関して「守備の時のポジショニングは明らかに変わってきます。バランスをとったりしないといけない状況が、試合の中で以前よりは多くなったと思います」と語った。

 また、チームのバランスを考えた際、深い位置からスタートしなければならない場合がある。本田は「点を取ろうと思うと走行距離や相手との駆け引き、守備から攻撃へのタイミング、あとは守備をどの位置でとるか、というのも状況に応じて考え、低く下がり過ぎないよう気をつけたいです」とコメント。「相手によって変えていかなければならないと思います」と続け、柔軟に戦うことが重要との考えを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る