FOLLOW US

レヴァンドフスキ、イタリア戦で足首負傷も…軽傷で14日の次戦も出場か

イタリア戦に出場したレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが11日に行われたUEFAネーションズリーグ・グループステージ第3節のイタリア戦で足首を負傷したようだ。ポーランドメディア『ポルサット・スポルト』が12日に伝えた。

 レヴァンドフスキはイタリア戦に先発出場したが、83分に途中交代。ピッチを退いたあとはベンチで左足首の治療を受けていたようだ。『ポルサット・スポルト』によると、強い打撲を受けて内出血を起こしていたという。

 代表チームの広報を務めるヤクブ・クフャトコフスキ氏は「イタリア戦の試合中に蹴られ、強い打撲を受けて血腫ができていた。おそらく、ケガと言うには大げさだろうが、痛みは感じていた」と説明。「痛みはあるが、深刻なケガではない。数日で治るようなケガだ」と明かした。

 そのため、14日に行われるUEFAネーションズリーグのボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦に出場する可能性は残っているようだ。クフャトコフスキ氏は「月曜日(12日)に超音波スキャンを受け、14日のボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦に向けて理学療法士が治療している。試合までの時間が短く、痛みもかなりあるみたいだが、ロベルトは試合後よりは良くなったと言っている」と続けた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO