2016.05.01

豪快ミドルで3年ぶりゴール…独紙、同点弾で逆転呼んだ長谷部に最高点

長谷部誠
豪快なミドルシュートによる同点弾を祝福される長谷部誠(20番) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、4月30日に行われたブンデスリーガ第32節でダルムシュタットとの“ヘッセン・ダービー”に臨み、2-1で逆転勝利を収めた。

 リーグ戦5試合連続の先発出場となった長谷部は、フランクフルトが1点ビハインドの56分に右CKのこぼれ球を右足で直接叩き込み、試合を振り出しに戻す。なお、長谷部にとっては2013年5月5日のハンブルガーSV戦以来3年ぶりとなるブンデスリーガ通算6点目となった。その後、チームは逆転に成功し、2連勝を飾った。順位も暫定ながら16位に浮上し、残留に望みをつないでいる。

 ドイツ紙『ビルト』は、同試合の採点を掲載。同点ゴールを挙げ、フル出場を果たしてチームの勝利に貢献した長谷部には「2」と、同僚のフィンランド代表GKルカーシュ・フラデツキとともにこの試合の最高点が与えられた。(最高1点、最低6点)

 フランクフルトは次節、5月7日にホームで日本代表MF香川真司所属のドルトムントと対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る