2015.02.05

フル出場の原口に独メディア「ヘルタの中で一番目立っていた」

原口元気
レヴァークーゼン戦にフル出場した原口 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツの各メディアが、4日に行われたブンデスリーガ第19節における日本人選手の採点と寸評を発表した。

 MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、レヴァークーゼンと対戦し、0-1で敗戦。地元メディア『Sportal.de』は、同試合にフル出場した細貝に「4」、原口に「3.5」を与えている(最高点1、最低点6)。

 同メディアは、細貝について「8分にポスト直撃のシュートを放った。しかし、それ以上の評価には値しない。いつものように闘争心を見せたが、競り合いに屈することが多く、運にも恵まれなかった」と記した。

 原口に関しては「ヘルタの中では一番目立っていた。攻撃陣の中では一対一に最も強く、他の誰よりもドリブルを仕掛けていた。意志だけでは足りなかったとはいえ、ヘルタのフィールドプレーヤーでは最高点に値する内容だった」と積極性を評価していた。

 また、MF長澤和輝とFW大迫勇也が所属するケルンは、DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと対戦し、スコアレスドローで終えた。同試合に76分から出場した大迫については『Kolner Stadt-Anzeiger』が「3」を与え、「終盤、ウジャに代わって投入された。85分に訪れたチャンスが最大の見せ場だった」と触れている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る