2014.09.09

ロイス離脱のドルトムント、独誌が香川真司に期待「中盤の大本命」

香川真司
ロイスの離脱により香川真司への期待が高まる [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ドルトムントは8日、ドイツ代表MFマルコ・ロイスの診断結果を発表した。

 ロイスは、7日に行われたユーロ2016予選のスコットランド戦、後半アディショナルタイムに左足首を負傷し、途中退場。同クラブと提携しているクナッペンシャフツ病院で診察が行われ、チームドクターのマルクス・ブラウン医師が検査した結果、左足首外側じん帯の部分断裂および足根じん帯の負傷が判明した。ロイスは約4週間、戦線を離脱するとのことだ。

 ロイスは、6月6日に行われたドイツ代表対アルメニア代表の親善試合で左足首じん帯を負傷し全治3カ月と診断されていたが、急ピッチでリハビリをこなし、8月23日のブンデスリーガ開幕戦に出場していた。

 なお、ドイツ誌『Revier Sport』は、ロイス離脱の発表を受け、「今週の土曜日(13日)、(ブンデスリーガ第3節)フライブルク戦でチームの中心になるのは、“戻ってきた男”香川真司だろう。ロイスの離脱により、この日本人がドルトムント中盤の大本命となる」と、記している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る