FOLLOW US

ボルシアMGのFWクルーゼ、手術の影響で約2週間の離脱

ボルシアMGに所属するFWマックス・クルーゼ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ボルシアMGは12日、所属するFWマックス・クルーゼが、尿管結石の手術を受けた影響で約2週間の戦線離脱となることを公式サイト上で発表した。

 クルーゼは先週末に尿管結石の手術を受け、現在療養中のため、今週と来週の全練習を欠席する見込みだ。

 したがって、クルーゼは16日に行われるDFBポカールのFCホンブルク戦、21日のヨーロッパリーグ予選プレーオフ・ファーストレグのFKサラエボ戦、24日のブンデスリーガ開幕節のシュトゥットガルト戦の3試合を欠場することになる。

 2013年夏にフライブルクからボルシアMGに加入したクルーゼは、2013-14シーズンのリーグ戦で34試合に出場し、12ゴールを記録していた。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO