2019.02.22

公式戦335試合に出場…元仏代表MFディアラ、PSGとの契約解除で引退を発表

ディアラ
ディアラは引退を発表した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンの元フランス代表MFラサナ・ディアラは22日、同クラブとの契約解除で合意に至り、自身の現役引退をSNSにて発表した。



 ディアラは2004-05シーズンにル・アーヴル(フランス2部)にてデビューを飾った。そのパフォーマンスがチェルシーの目に留まり、2005-06シーズンからはイングランドへと移籍。アーセナルやポーツマスなどでもプレーし、2008-09シーズンにはレアル・マドリードに加入した。

 レアル・マドリードには2012-13シーズンまでの在籍となり、次なる移籍先はロシアであった。アンジ・マハチカラやFCロコモティフ・モスクワでプレーすると、2015-16シーズンからマルセイユで母国復帰。2017-18シーズンは一時的にUAEでプレーしていたが、同シーズン中にパリ・サンジェルマンに加入し再びフランス復帰を果たした。

 約15年間の現役生活で10クラブを渡り歩いたディアラの公式戦出場回数は通算335試合。7ゴール10アシストをマークしている。

View this post on Instagram

Le moment est venu de « raccrocher les crampons » comme on dit . Pour le football , j’ai beaucoup donné . Grâce au football , j’ai énormément reçu . Le sport de haut niveau est une véritable école de courage , de persévérance et de respect . Il ne s’agit pas de faire l’unanimité mais d’honorer , en professionnel , avec volontarisme et loyauté la confiance que l’on vous accorde . Je ne dis pas que j’ai tout fait parfaitement mais je l’ai fait avec coeur , passion et bienveillance . Merci à tous ceux et toutes celles qui m’ont encouragé tout au long de ma carrière sportive . Une pensée pour les clubs , entraîneurs , éducateurs et coéquipiers qui ont fait partie de mon quotidien pendant toutes ces années . Je n’oublie pas ma première sélection avec la France en 2007 . Porter le maillot de la sélection nationale est le rêve de tous les footballeurs . Je tourne donc la page mais je n’oublie rien . Je vais continuer à œuvrer avec enthousiasme , détermination et sincérité dans mes nouveaux projets . Amitiés LASS

A post shared by Lass Diarra (@lass_officiel) on

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る