FOLLOW US

5年半の歳月を経て代表復帰…ベンゼマ「後悔は常にあるが、過去には戻れない」

2021.05.30

フランス代表復帰を果たしたベンゼマ [写真]=Getty Images

 フランス代表FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)が、EURO2020への意気込みを示した。30日、フランスメディア『RMC』が伝えた。

 ベンゼマは2015年秋、当時フランス代表のチームメイトだったマテュー・ヴァルブエナ(現オリンピアコス)を“セックステープ”をもとに恐喝した事件に関与したとして、フランスの警察当局に逮捕された。この事件を受け、ディディエ・デシャン監督はベンゼマを代表から追放。以降、同選手は“レ・ブルー”(代表の愛称)から遠ざかっていたが、6月から開幕するEURO2020で約5年半ぶりの代表復帰を果たした。

 30日にメディア対応を行なったベンゼマは、「不安なんてないよ! フランス代表に戻ってくることができて、とても嬉しい。完璧に馴染めているし、僕の思う通りにプレーができている。ほかの選手とも仲良くなれたし、この状態が続くことを願っているよ。早く試合をしたいね」と、チームに順応していることをアピールした。

 落選が続いていた時期については、「代表チームに選ばれていないときはガッカリしていた。一番残念だったのは、(フランスが準優勝した)EURO2016と(フランスが優勝した)ロシア・ワールドカップに参加できなかったことだ。自問自答を繰り返していたよ」と振り返った。

 また、「僕が言いたいのは、『起こったことは終わった』ということ。後悔は常にあるけど、過去には戻れない。僕にとって最も重要なのは、『ピッチ上で何をするか』であり、このチームに何をもたらすことができるのかに集中している。それが、僕の頭のなかにある野望さ」と、EURO2020への意気込みを示した。

 グループFのフランス代表は、15日にドイツ代表、19日にハンガリー代表、23日にポルトガル代表と対戦する。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO