2015.09.08

フランスがセルビアを下し2連勝…マテュイディが2ゴールの活躍

フランス代表
得点を喜ぶフランス代表 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が7日に行われ、フランス代表とセルビア代表が対戦した。

 ユーロ2016開催国のフランスはユーロの予選が免除されているものの、5カ国で構成されているグループIに所属していると想定し、各国と親善試合を行っている。4日にはポルトガル代表と対戦し、レアル・マドリードのDFラファエル・ヴァランの得点で勝利。徐々に調子を上げている。

 試合は開始早々にフランスがリードを奪う。8分、右サイドでパスを受けたバカリ・サニャがクロスを上げると、ファーサイドに飛び込んだブレーズ・マテュイディがヘディングシュートを決めて、先制に成功する。

 続く25分、左CKを獲得するとマチュー・ヴァルビュエナのクロスを、ニアのネマニャ・マティッチがクリアする。ゴール前にボールがこぼれると、これをマテュイディが左足でボレーシュート。豪快な一発がゴール左に決まり、フランスが2点のリードを奪った。

 2点を先行されたセルビアが反撃に出る。39分、ドゥシャン・タディッチが左サイドでボールを受け、クロスボールを供給。ファーサイドのラザル・マルコヴィッチが左足ボレーでゴールを狙った。シュートはGKの正面に飛んだかに思われたが、ゴール前に飛び込んでいたアレクサンダル・ミトロヴィッチの胸に当たってコースが変わり、ゴール右に決まった。セルビアが少ないチャンスを生かし、1-2として前半終了を迎えた。

 後半は引き続きフランスが試合を支配する。立ち上がりの49分にはスルーパスに抜けだしたアントワーヌ・グリエスマンがGKと一対一となったが、シュートは左ポストに弾かれてしまう。

 なかなか追加点を奪えないフランスは、76分にマンチェスター・U移籍で話題となっているアントニー・マルシャルを投入し、追加点を狙いに行く。

 試合終盤はセルビアが途中出場のラドサフ・ペトロヴィッチを中心にフランス・ゴールに迫ったが、スコアは動くことなく2-1でフランスがセルビアを下している。フランスはポルトガル戦に続き連勝となった。

【スコア】
フランス 2-1 セルビア

【得点者】
1-0 9分 ブレーズ・マテュイディ(フランス代表)
2-0 25分 ブレーズ・マテュイディ(フランス代表)
2-1 39分 アレクサンダル・ミトロヴィッチ(セルビア代表)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る