FOLLOW US

リーガが久保の差別疑惑について声明を発表「攻撃的であるということを認識し、謝罪します」

久保への人種差別疑惑にリーガが声明を発表 [写真]=Getty Images

 マジョルカのコーチがつり目のジェスチャーを行い、所属するMF久保建英への人種差別が疑われた問題で、リーガ・エスパニョーラが声明を発表した。イギリスメディア『CNN』が18日に報じている。

 疑惑となるシーンが起きたのは2月9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節のエスパニョール戦で、ダニ・パストールコーチが久保を交代エリアから呼び出す際に「つり目ジェスチャー」を行ったことが物議を醸した。

 これについてリーガ・エスパニョーラは当初、「これは選手たちがウォーミングアップ中に注意を引く際の行動」と判断したが、一転して「このジェスチャーが誰かを怒らせるつもりはないが、それが攻撃的であるということを認識し、謝罪します」とコメントした。また、「私たちはこう言った差別が繰り返されぬよう、あらゆる人種への差別、外国人に対する行動などに対処します」との声明を出した。

 なお、この件に関してマジョルカや当該コーチからの声明はない。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA