FOLLOW US

香川真司、3試合ぶりスタメンも前半に途中交代…右ハムストリング負傷

レアル・サラゴサに所属する香川真司(写真は1月25日のヌマンシア戦)[写真]=ムツ カワモリ

 レアル・サラゴサに所属するMF香川真司は8日、リーガ・エスパニョーラ2部第27節のフエンラブラダ戦に先発出場したが、前半の内に負傷交代を余儀なくされた。

 香川はリーグ戦3試合ぶりのスタメン入りとなったが、36分にアレックス・ブランコと交代。顔をしかめながらベンチへと戻っていた。クラブ公式サイトによると、「右ハムストリングの筋肉の違和感」を訴えて交代しており、今後検査を受けるという。

 なお、試合はサラゴサが9分に相手のハンドでPKを獲得したが、キッカーのルイス・スアレスのシュートはGKのファインセーブに阻まれて失敗。さらに71分にはハビ・プアドがゴールネットを揺らしたが、VARにより直前のハンドをとられてゴールが取り消しとなり、そのままスコアレスドローで終了した。

 サラゴサは2試合連続のドローとなったが、5試合負けなし(3勝2分)で3位をキープ。次節は15日にアウェイでエルチェと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA