2019.03.27

バルサ、ユムティティ放出が有力? スペイン紙が指摘する理由とは

ユムティティ
2016年夏からバルサでプレーしているユムティティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナが、フランス代表DFサミュエル・ユムティティを放出する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『アス』が26日に報じている。



 報道によると、バルセロナがユムティティを放出する考えを抱くに至った理由は複数あるという。まずは、フランス人DFクレマン・ラングレが高水準のパフォーマンスを見せていること。セビージャから加入した同選手は1年目の今シーズン、序盤こそ適応に苦しんだものの、現在は安定したプレーを披露している。

 ラングレが評価を高める一方、ユムティティは負傷の影響で離脱する時期があり、左ひざに抱えるケガは今後に向けた懸念材料になると指摘されている。そして何より、バルセロナアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得を狙っていることがユムティティの立場を脅かすという。同選手の獲得には高額の移籍金が必要となるため、同ポジションのユムティティを放出して資金を捻出しようとしているというのだ。

 なお、ユムティティ放出とデ・リフト獲得の動きについては、今月13日にもイタリアメディア『Calciomercato.com』やイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 2016年夏にリヨンからバルセロナへ加入したユムティティだが、同クラブでのプレーは今シーズン限りとなるのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る