2018.04.06

ベイル、やはり今夏にレアル退団へ…ジダン監督との関係悪化が原因か

ベイル
ジダン監督との関係は修復不可能な段階まで壊れてしまっているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWは、やはり今夏に退団する可能性が高いようだ。5日付でスペイン紙『アス』が報じている。

 以前より報じられてきたベイルのレアル・マドリード退団だが、3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、ユヴェントスとの大一番で出場機会が与えられなかったことで、その憶測はさらに加速している状況だ。

『アス』は、「ベイルとジダン監督の関係はシーズンが経過するにつれて徐々に“侵食”されており、リーガ・エスパニョーラで同選手を起用する理由も、スペイン代表MFイスコやフランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら主力選手を休ませるために過ぎない」という見解を示し、今夏の退団が決定的であると報じた。

 さらに、レアル・マドリードが現在パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバペを、当時所属のモナコから昨年夏に獲得しようとした際、ジダン監督は資金捻出のためにベイル売却を容認したことからも、現在すでに両者の関係は修復不可能な段階まで来ている、としている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る