2016.11.09

クロースが右足骨折で離脱 クラシコや日本開催のクラブW杯も欠場か

クロース
6日のレガネス戦はフル出場したレアルMFクロース [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは8日、ドイツ代表MFトニ・クロースが右足第5中足骨基部の剥離骨折と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 クロースは6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第11節のレガネス戦で負傷。代表ウィークのため、ドイツでレアル・マドリードの医療チーム監視の下で検査を受けたという。

 DFB(ドイツサッカー連盟)も、クロースが10日間の安静を必要とし、代表チームから離脱することを公式サイトで発表している。

 なお、レアル・マドリードは離脱期間を公表していないが、スペイン紙『マルカ』は少なくとも4〜6週間の離脱を強いられ、今年中の復帰は絶望的と報じている。

 そのため、11月19日に行われるリーグ戦第12節のアトレティコ・マドリードとのダービー戦や、12月3日に行われるリーグ第14節のバルセロナとの“クラシコ“を欠場することが決定的に。さらに、12月8日〜18日にかけて日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016も欠場濃厚となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る