2015.11.02

バルサ、ヘタフェ戦後にハロウィンで“はしゃぎ過ぎた”ことを謝罪

ネイマール
ヘタフェ戦でゴールを祝うアウヴェス(左)とネイマール(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは、10月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節のヘタフェ戦終了後に一部選手たちがハロウィンの仮装をして騒動を起こした件について、11月1日にクラブ公式サイト上で謝罪した。

 スペイン紙『マルカ』によると、ヘタフェを2-0で下したバルセロナの選手たちは試合後、ハロウィンの仮装をして勝利を祝っていた。そして、会見室へ通じる廊下で大騒ぎをしながらヘタフェのスペイン人MFビクトル・ロドリゲスが会見を行っている部屋に乱入したという。会見は一時中断し、ロドリゲスは「完全に敬意を欠いている。僕は正しいことだとは思わないね。誰もが自分自身の行動に責任を持たなければならない」と苦言を呈していた。

 バルセロナは「ヘタフェの選手を怒らせ、傷つけるつもりではなかった。我々は彼(ロドリゲス)に謝罪するだけでなく、敬意を表したい。我々は間違った行動をした。特にヘタフェの選手とサポーターに謝罪したい。バルセロナの選手として、ピッチ上でもそれ以外でも、誇りを持たなければならず、責任を認識している」と声明を発表し、謝罪の意を示している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る