FOLLOW US

勝利に満足感を示すシメオネ監督「常に相手を押し込んで戦えた」

先制点を奪ったティアゴ・メンデス [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは19日、リーガ・エスパニョーラ第8節でエスパニョールと対戦し、2-0で勝利した。試合を振り返ったディエゴ・シメオネ監督は、勝利に満足感を示している。スペイン紙『アス』が報じた。

 アトレティコのホーム、ビセンテ・カルデロンで行われた一戦は、43分にポルトガル代表MFティアゴ・メンデスのゴールでアトレティコ・マドリードが先制。さらに71分には途中出場のスペイン代表MFマリオ・スアレスが加点して、2-0の完勝を収めた。

 試合後にシメオネ監督は、相手を押し込んで試合を進めた選手たちを戦え、結果と内容に満足していることを明かした。

「選手たちはやろうとしていたプレーをしてくれた。常に相手をハーフに押し込んで戦うことができたと思っている。ゴールを奪うまで忍耐することを要求されたが、こじ開けることができた。リードしてからはさらに試合を支配したと思っている」

「追加点が奪えない状況の中でも我々が主導権を握っていた。後半は選手たちが強さを見せてくれたね。チームとしてうまく攻撃の形を発揮していた。攻撃的なチームに対して相手は守ることしかできていなかった」

 アトレティコは22日にチャンピオンズリーグ・グルプステージ第3節でマルメをホームに迎え、26日にはリーガ・エスパニョーラ第9節でヘタフェとのアウェーゲームに臨む。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO