FOLLOW US

観客のスマホはたき落としたC・ロナウド…地元警察が暴行容疑で捜査開始

試合後の振る舞いが物議を醸すC・ロナウド [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、暴行の疑いでマージサイド警察の捜査を受けることになった。10日にイギリスメディア『BBC』などが報じた。

 マンチェスター・Uは9日に行われたプレミアリーグ第32節で、エヴァートンにアウェイで0-1と敗れた。同試合にフル出場したC・ロナウドは試合後、ピッチサイドからロッカールームへ下がる際に、観客の前で右手を振り下ろして何かをはたき落とす仕草を見せ、その様子がSNSにアップされていた。各メディアはこれが観客の持っていたスマートフォンであると伝えている。

 マージーサイド警察の広報担当者は現地メディアに対して、9日に『グディソン・パーク』で起こった暴行容疑の報告を捜査していると発表。「選手たちが午後2時30分にピッチを去るとき、少年がアウェイチームの一人から暴行を受けたと報告された」とし、「現在、エヴァートンと協力して防犯カメラの映像をチェックし、犯罪が起きたかどうかを確認するため、目撃者に広く聞き込みを行っているところです」と進捗を明かした。また、SNSを通じた情報提供を呼びかけている。

 これを受け、マンチェスター・Uは「容疑を認識しており、警察の捜査に協力する」と述べているようだ。
 
 なお、C・ロナウドは試合後に自身のInstagramを更新。「僕たちが直面しているこのような状況で、感情と向き合うことは簡単ではない。でも、僕たちは常に敬意を持ち、耐え忍び、美しい試合を愛する若者たちすべての模範にならないといけない。僕の感情の現れを謝罪し、もし可能なら、フェアプレーとスポーツマンシップの証として、このサポーターをオールド・トラッフォードでの試合に招待したい」と、観客に対する行動があったことを認め、謝罪の意思を示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO