FOLLOW US

リヴァプール、1人のファンに97秒間の黙祷…ヒルズボロの悲劇で97人目の犠牲者

黙祷を捧げるリヴァプールの選手・スタッフ [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールは29日、同クラブのファンだったアンドリュー・ディヴァイン氏に97秒間の黙祷を捧げた。クラブ公式サイトで伝えている。

 ディヴァイン氏は1989年4月15日、FAカップ準決勝リヴァプール対ノッティンガム・フォレスト戦で発生したスタジアム群集事故『ヒルズボロの悲劇』に巻き込まれ、脳にダメージを受ける重傷を負った。当時22歳だったディヴァイン氏は事故後、車椅子での生活を余儀なくされ、話すこともできず、液状のものでしか食事できない状態に。それでも、余命半年との宣告を覆し、家族のサポートを受けながら、可能なときには『アンフィールド』への観戦にも訪れていた。

 しかし、ディヴァイン氏は先週から入院し、今週初めに55歳で逝去した。28日にリヴァプールの裁判所で行われた審問の結論は、「1989年4月15日に発生した悲劇的な事故の97番目の犠牲者として、ディヴァイン氏は不法に殺害された」というものになった。

 オーストリアでトレーニングキャンプを行なっているリヴァプールは現地時間29日朝、選手スタッフ一同が集まり、ディヴァイン氏に97秒間の黙祷を捧げた。

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「リヴァプールを愛するすべての人にとって、また多くの人にとって、非常に悲しい出来事だ。戦うことの意味を私たちに教えてくれ、そしてもうこれ以上戦えないだろうと予想されていたときにも屈することを拒んだ方を失った。

「アンドリューのことはもちろん、長い間彼を支えてきた素晴らしい家族のことも、ヒルズボロの悲劇によってまた一つの命を失ったリヴァプールの家族全員のことも悲しく思っている」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO