2019.03.04

独代表ギンター、リヴァプールも熱視線…アーセナル、トッテナムと争奪戦?

ギンター
2017年夏からボルシアMGでプレーしているギンター [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ボルシアMGに所属するドイツ代表DFマティアス・ギンターに、リヴァプールが関心を示しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が3日に報じている。



 報道によると、リヴァプールがギンターの獲得に関心を示しているという。同選手については先月3日の『スカイスポーツ』がアーセナルトッテナムからの関心も報じており、今後は争奪戦に発展する可能性もありそうだ。

 ギンターは1994年生まれの25歳。フライブルクの下部組織出身で、2012年にトップチームへ昇格した。2014年夏にドルトムントへ移籍し、2017年夏からボルシアMGでプレーしている。今シーズンはブンデスリーガ第24節終了時点で19試合出場1得点を記録。ドイツ代表では国際Aマッチ通算25試合に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
86pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る