2018.10.08

リヴァプール戦でPK失敗のマフレズ「ミスもフットボールの一部」

リヤド・マフレズ
前を向くマフレズ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、マンチェスター・Cがリヴァプールとスコアレスドローで終わった後、ペナルティキックの失敗について言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が7日に伝えている。



 マフレズはリヴァプール戦の試合終盤にPKキッカーに。首位攻防戦において、勝利のチャンスを得たが、シュートはゴール左上に外れ失敗に終わっていた。これでプレミアリーグで8回中5回目のPK失敗となったマフレズ。レスター時代にも4度のPK失敗を経験した同選手は試合後、次のようにコメントを残した。

「チャンピオンシップではペナルティの記録は良いが、プレミアリーグではそうではない。何度かミスしたが、これもフットボールの一部だ。気持ちを強く持ち、前に進まなくてはならない。このことが僕の自信に何らかの影響を与えるとは思わない」

「キッカーを務めることは僕が決めた。ボールは上に行ってしまったけどね。でも、ミスもフットボールの一部だから前を向かなくてはならない。ただ、重要なことは今日の僕たちのパフォーマンスは良かったということだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る