2018.04.22

敵地で逆転劇を見せたマンU指揮官「完全に試合をコントロールしていた」

ジョゼ・モウリーニョ監督
FA杯決勝に駒を進めたマンUのジョゼ・モウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ジョゼ・モウリーニョ監督が、マンチェスター・UはFAカップ決勝進出に相応しい結果を見せたと満足げに語った。クラブ公式サイトが21日に伝えている。

 マンチェスター・Uは21日、敵地ウェンブリー・スタジアムでのFA杯準決勝トッテナム戦で先制されるも、チリ代表FWアレクシス・サンチェスとスペイン代表MFアンデル・エレーラのゴールで逆転し、2-1で勝利した。試合後、モウリーニョ監督がインタビューに応じ、次のように語った。

「とても嬉しい。この結果は(決勝進出に)相応しいね。もし試合を部分別に分けて考えたとしても、我々が大半でベストなチームだった。彼らがボールを保持していても我々が優勢で、完全に試合をコントロールしていたからね」

「0-1にされて少しコントロールを失った。しかしハーフタイムにチームで話しをして、後半に逆転できた。それだけの話をしたし、自分たちで立て直した。アウェイでの試合では、サポーターの存在が本当に大事だ」

 また、選手たちの姿勢にも満足感を見せた。

「チーム云々の話ではない。仮に今日の試合で負けていたとしても、ウェスト・ブロムウィッチ戦後ほどは腹も立たなかっただろう。それだけ選手の姿勢が良かったからだ。集中していたし、準備を整え、互いに助け合っていた。自信を持っていたね。非常に満足している」

 最後に「FAカップで優勝できれば今季は成功か」という質問を受けると、次のように言及した。

「2位で終えられれば成功だろう。プレミアリーグでスパーズ(トッテナム)、リヴァプール、チェルシー、アーセナルより上の順位で終えられればね。目標だった勝ち点80を超えて81で終えられれば成功だ。アンタッチャブルだった王者の次の順位で終えられれば成功だよ」

「昨季より多い勝ち点、多いゴール、少ない失点、トップチームとの対戦で昨季より良い戦績を残せれば成功したシーズンだ。FA杯決勝は決勝で、もちろん勝ちにいく。しかし、1試合の結果だけでチームの良し悪し、選手の良し悪し、監督の良し悪し、シーズンの良し悪しが決まるとは思わない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る