2018.03.10

チェルシーが、レヴァンドフスキ獲得に本腰…コンテ監督が攻撃陣に不満か

ロベルト・レヴァンドフスキ
チェルシーから関心を寄せられるレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーが、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ獲得に本腰を入れたようだ。9日、イギリス紙『サン』が報じている。

 チェルシーは昨夏の移籍市場でスペイン代表FWジエゴ・コスタをアトレティコ・マドリードに放出し、代役としてスペイン代表FWアルバロ・モラタを獲得。今冬にフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを獲得している。しかし、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は攻撃陣のパフォーマンスに満足してないという。また、プレミアリーグ第29節マンチェスター・C戦で、両選手を起用しなかったこともコンテ監督の信頼を得られていない結果だと同紙は報じている。

 レヴァンドフスキにはマンチェスター・Cやレアル・マドリードも興味を示しているという。また、同選手はインタビューに応じ再三否定しているが、バイエルン側は相応のオファーがあれば売りに出す模様であると同紙は報じた。

 同選手は今シーズン公式戦24試合出場29ゴールを記録。絶好調の同選手は活躍の場をドイツ以外に移すのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る