2018.03.07

アトレティコ、22歳マイヤーに熱視線…バルサ、アーセナルらと争奪戦か

マイヤー
複数クラブからの関心を報じられているシャルケのマイヤー [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードが、シャルケに所属するドイツ代表MFマックス・マイヤーの獲得に関心を示しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が6日に報じている。

 マイヤーは1995年生まれの22歳。シャルケの下部組織出身で、年代別のドイツ代表に名を連ねてきた。2013年にトップチームデビュー、翌2014年にはA代表初招集を果たし、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックにも出場している。

 今回の報道によると、複数クラブが関心を示しているマイヤーに対して、アトレティコ・マドリードも熱視線を送っているという。今月3日に行われたブンデスリーガ第25節ヘルタ・ベルリン戦にスカウトを派遣し、同選手のプレーを視察したようだ。

バルセロナがシャルケのドイツ代表MFマックス・マイヤーの獲得を検討しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が5日付で報じた。

 マイヤーとシャルケの現行契約は今シーズン限りで満了を迎えるため、多くのクラブが関心を示している模様。今回の報道ではアトレティコ・マドリードのほか、トッテナムやアーセナル、バルセロナも争奪戦に名乗りを上げていると伝えられている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る