2016.07.21

「初めての登校日のよう」…バイエルン指揮官、本拠地での初采配に興奮

アンチェロッティ
アリアンツ・アレーナでの初采配に臨んだアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images for FC Bayern
サッカー総合情報サイト

 プレシーズンマッチが20日に行われ、バイエルンとマンチェスター・Cが対戦。バイエルンが本拠地アリアンツ・アレーナで1-0と勝利を収めた。

 本拠地での初采配に臨んだバイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が試合後に感想を語った。同監督は「初めての登校日のようだった」と“ホームデビュー”を表現している。クラブの公式HPがコメントを伝えた。

 アンチェロッティ監督は「初めての登校日のように興奮していたよ。このスタジアムもファンのことも知っている。素晴らしい雰囲気だった。彼らとともに多くのことを達成できると思う」と、アリアンツ・アレーナでのデビュー戦を振り返り、以下のように続けた。

「今日は良いスタートになったと思う。もちろん、マンチェスター・Cのような強豪と対戦するのは常に難しいものだ。プレシーズンの今の時期にも関わらず、良いプレーをすることができたと思う。とはいえ、時間はまだまだある。もっと向上させることができる」

 バイエルンはアメリカで開催されるインターナショナル・チャンピオンズカップに参加する予定。27日にミラン、30日にインテル、8月3日にレアル・マドリードと対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る