2015.02.12

正しかったファン・ハール…マンUの“放り込み”依存をデータが否定

ファン・ハール
11日のバーンリー戦に臨んだマンUのファン・ハール監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督は、「放り込み戦術」を採用していると非難されることに憤っているが、統計的にもその非難は的を外している。イギリス紙『インデペンデント』が11日に報じた。

 マンチェスター・Uが「放り込み戦術」に依存していることへの非難は、8日に行われたプレミアリーグ第24節ウェスト・ハム戦の試合終了間際に、身長194センチのベルギー代表MFマルアン・フェライニを前線に張り付かせてロングボールを放り込みつづけたことでさらに高まることになった。しかし、ファン・ハール監督はマンチェスター・Uが「放り込み戦術」に依存していないと反論している。

「大学時代の同僚(ウェスト・ハムのサム・アラダイス監督)が我々の戦術を非難するが、データは正しい文脈の下で解釈しなければならない」

 たしかにマンチェスター・Uはプレミアリーグで2番目にロングボールを多用しており、それ以上にロングボールを多用するのはバーンリーのみである。しかし、この統計は全てを物語ってはいない。イギリスのデータサイト『Squawka.com』は以下の統計を示している。

マンチェスター・Uはロングボールを使う一方で、他のほとんどのチームよりもボール所持率が高くパスの数も多い。今シーズンのプレミアリーグでマンチェスター・Uは1万2719本のパスを通しており、この数はマンチェスター・Cに次ぐリーグ2位でアーセナルチェルシーよりも多い」

マンチェスター・Uのパスの平均的な長さは19メートルで、チェルシーリヴァプールと同じである。最もショートパスを多用するのはマンチェスター・Cアーセナルでパスの平均的な長さは17メートル。スウォンジーとトッテナムがそれに続いてショートパスが多く、パスの平均的な長さは18メートルである」

「ボール所有率でいえば、マンチェスター・Uは今シーズンのトップで56パーセントを誇っており、これと並ぶのはマンチェスター・Cだけ。マンチェスター・Uのパス成功率は85パーセントと驚くほど高い精度であり、これを上回る成功率をたたき出しているのはマンチェスター・Cのみである」

 マンチェスター・Uは11日に行われたプレミアリーグ第25節でバーンリーと対戦し3-1で勝利。次節は21日にアウェーでのスウォンジー戦に臨む。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る