2018.05.25

レアルとのCL決勝控えるサラー、ラマダン続行でプレーへの影響は…

サラー
ラマダンを中断しない意向のサラー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーは、レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を26日に控えているが“ラマダン”を中断するつもりはないようだ。24日、スペイン紙 『マルカ』が伝えている。

 ラマダンとは約1カ月間、日中の飲食を断ち、神の恵みに感謝することで、イスラム教徒の五つの義務である「五行」の一つ。2018年のラマダンの時期は5月15日から6月14日までと定められている。

 しかし、プロのアスリートはラマダンの時期をずらすことが認められている。実際、敬虔なイスラム教徒として知られるアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルも、過去に重要な大会期間中などは断食を行わないことを、DFB(ドイツサッカー連盟)とのインタビューで明らかにしている。

 同メディア内で、栄養士であるヘスス・ムノス氏は「仮にラマダンを忠実に行った場合はパフォーマンスに影響が出る」と語っており、大舞台でのパフォーマンス低下が懸念されている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る