2017.11.22

リヴァプール、後半3失点でセビージャとドロー…E組は三つ巴で最終節へ

ギド・ピサーロ(中央)が劇的な同点ゴール。リヴァプールは痛恨のドローとなった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ(GS)第5節が21日に行われ、セビージャ(スペイン)とリヴァプール(イングランド)が対戦した。

 2勝2分けの勝ち点「8」でグループE首位のリヴァプールは、ジョーダン・ヘンダーソンやフィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノらが先発出場。1ポイント差で2位につけるセビージャは、エベル・バネガやスティーヴン・エンゾンジ、ノリートらが先発メンバーに名を連ねた。

リヴァプールの先発メンバー [写真]=Getty Images

 開始早々の2分、リヴァプールがいきなり均衡を破った。コウチーニョの右CKからジョルジニオ・ワイナルドゥムがニアサイドから背後へ逸らし、フィルミーノが押し込んで先制に成功。さらに22分にも右CKからペナルティーエリア中央のフィルミーノが頭で逸らし、ファーサイドのサディオ・マネがダイビングヘッドを突き刺した。

 2点リードを奪ったリヴァプールは30分、左サイドからのカウンターでマネがペナルティーエリア左側に入り、強烈なシュート。相手GKが弾いたところにフィルミーノが詰めて3点目を決めた。前半は3-0で終了した。

2ゴールを挙げたロベルト・フィルミーノ [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 3点ビハインドで後半を迎えたセビージャは、ホームで意地を見せる。まずは51分、右サイドで得たバネガのFKにウィサム・ベン・イェデルが飛び込み、ニアサイドからのヘディングシュートで反撃のゴール。さらに60分にはベン・イェデルがPKを決めたが、セビージャの選手がキックよりも先にペナルティーエリアに入ったとの判定でやり直しに。ベン・イェデルは2本目のシュートもゴール左隅へ決め、1点差に迫った。

 勢いに乗ったセビージャは同点ゴールを目指して猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイムに劇的なゴールが生まれた。左CKからゴール前で混戦となり、最後はギド・ピサーロが押し込んでネットを揺らした。

 試合は3-3で終了した。3点リードを守れなかったリヴァプールと、ホームで意地を見せたセビージャ。勝ち点「1」を分け合う結果に終わり、GS突破の行方は最終節に持ち越しとなった。リヴァプールが勝ち点「9」、セビージャが同「8」で、スパルタク・モスクワが6ポイントとなっている。

劇的な同点劇で歓喜のセビージャ [写真]=Getty Images

 セビージャは次節、12月6日にマリボルとアウェイで対戦。リヴァプールはスパルタク・モスクワをホームに迎える。

【スコア】
セビージャ 3-3 リヴァプール

【得点者】
0-1 2分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
0-2 22分 サディオ・マネ(リヴァプール)
0-3 30分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
1-3 51分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)
2-3 60分 ウィサム・ベン・イェデル(PK)(セビージャ)
3-3 90+3分 ギド・ピサーロ(セビージャ)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る