2017.10.19

ピケ退場後にメッシが直接FK弾&1アシスト…バルサはCL無傷の3連勝

バルセロナが3連勝で首位をキープした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が18日に行われ、グループDでバルセロナとオリンピアコス(ギリシャ)が対戦した。

 2連勝でD組首位を走るバルセロナ。今節は連敗スタートのオリンピアコスをホームに迎えた。雨の中キックオフを迎えた試合は、バルセロナがラッキーな形で先制する。18分、セルヒオ・ブスケツからの浮き玉パスをエリア内右のジェラール・デウロフェウがダイレクトで折り返すと、クリアを試みたDFディミトリス・ニコラオウのミスキックでオウンゴールとなった。

 その後も相手ゴールに迫るバルセロナは42分、素早いリスタートからエリア内右のデウロフェウが鋭いクロスを送ると、ゴール前に走り込んだジェラール・ピケが押し込んでゴールネットを揺らす。しかし、ピケがハンドをとられ、2枚目のイエローカードが提示されて退場。ゴールも認められなかった。

 1点リードで折り返したバルセロナは61分、エリア手前中央で獲得したFKで、メッシが左足で直接狙うと、シュートは相手GKの手を弾いてゴール左に決まった。さらに64分にはメッシがエリア内右で相手をかわし、マイナスに折り返すと、ファーでフリーのリュカ・ディニュが落ち着いてシュートをゴール右隅に突き刺し、リードを3点に広げた。

 3失点を喫したオリンピアコスは90分、右CKでコンスタンティノス・フォルトゥニスからのボールを、中央のニコラオウが頭で合わせてネットを揺らす。ニコラオウがオウンゴールの借りを返して一矢報いたが、試合はこのままタイムアップ。バルセロナが3-1で勝利し、3連勝でグループD首位をキープした。

 31日に行われる次節は、バルセロナがオリンピアコスのホームに乗り込み対戦する。

【スコア】
バルセロナ 3-1 オリンピアコス

【得点者】
1-0 18分 オウンゴール(ディミトリス・ニコラオウ)(バルセロナ)
2-0 61分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
3-0 64分 リュカ・ディニュ(バルセロナ)
3-1 90分 ディミトリス・ニコラオウ(オリンピアコス)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る