FOLLOW US

CL第1節、たった2人で300本近いパスを出した中盤コンビとは?

マルメ戦を戦ったパリ・サンジェルマンのメンバー [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が15日と16日に行われた。全16試合を終え、『UEFA.com』が様々なデータを紹介している。

 第1節における選手のパスデータでパス本数がもっとも多かったのは、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFティアゴ・モッタ。モッタは第1節のマルメ戦で144本のパスを出し、そのうち134本が成功している。また、2位にも同じパリ・サンジェルマンから同代表MFマルコ・ヴェッラッティがランクインしており、両者あわせてわずか1試合で283本のパスを出した計算になる。

 実はこの第1節、チームとして最もパス数が多かったのはバルセロナでもバイエルンでもなく、パリ・サンジェルマンであった。バイエルンが648本、バルセロナが712本だったのに対し、パリ・サンジェルマンはなんと875本。ホームでの試合、さらには格下のマルメ相手ということもあるが、パリ・サンジェルマンのパス数はダントツだったのだ。

 モッタとヴェッラッティは2人あわせて283本ものパスを放っているが、これはローマ、オリンピアコス、PSV、マルメのチームとしてのパス数より多い数である。パリ・サンジェルマンは875本のパスを出していたため、モッタとヴェッラッティのパス数はチーム全体の1/3ほどにあたる。

 また、第1節で100本以上のパスを出した選手は全員で6人いたのだが、なかでも突出した成功率を誇っていたのがレアル・マドリードのゲームメーカー、ドイツ代表MFトニ・クロースであった。

 クロースはシャフタール戦で101本のパスを出し、うち98本を成功。なんと3本しか失敗しなかったという。その成功率は97パーセントであり、100本以上パスを出した中盤の選手の中では圧倒的に高い数値であった。

(記事提供:Qoly)

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA