2015.08.27

世界最高峰の舞台”欧州CL”…10年ぶりに日本人不在で本戦開幕へ

左から中村、稲本、長谷部、本田、内田、長友、宇佐美、香川、宮市、柿谷 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフの全日程が26日に終了し、グループステージに出場する全32クラブが出揃った。

 FW柿谷曜一朗が所属するバーゼルは、アウェーでマッカビ・テル・アヴィヴと対戦。2-2で引き分けたファーストレグに続きセカンドレグでも互いに譲らず1-1のドローで試合を終えると、2戦合計3-3となりアウェーゴール差でバーゼルが敗退となった。CSKAモスクワと対戦したMF田中順也が所属するスポルティング・リスボンは、ホームでの第1戦で2-1と先勝。しかしセカンドレグを1-3で落とすとトータルスコアでも3-4とひっくり返され、CSKAモスクワが本戦出場を掴みとっている。

 この結果、今シーズンのCLには2005-06シーズン以来10年ぶりに日本人が出場しない可能性が高まった。

 現在横浜F・マリノスでプレーする中村俊輔がセルティックの一員としてCLに出場した06-07シーズン以降、本田圭佑や香川真司、内田篤人、長友佑都ら日本人選手が9シーズン連続で世界最高峰の舞台でプレーしてきた。しかし、のこりわずかとなった今夏の移籍期間で移籍が成立しない限り、今シーズンのCL本戦は日本人不在で開幕を迎えることとなる。

■05-06シーズン以降、CL出場クラブに所属していた日本人選手

・中村俊輔(セルティック)
06-07、08-09/最高成績:ベスト16

・稲本潤一(ガラタサライ)
06-07/最高成績:グループリーグ敗退

・長谷部誠(ヴォルフスブルク)
09-10/最高成績:グループリーグ敗退

・本田圭佑(CSKAモスクワ)
09-10、10-11、11-12、12-13、13-14/最高成績:ベスト8

・内田篤人(シャルケ)
10-11、12-13、13-14、14-15/最高成績:ベスト4

・長友佑都(インテル)
10-11、11-12/最高成績:ベスト8

・香川真司(ドルトムント/マンチェスター・U)
11-12、12-13、13-14/最高成績:ベスト8

・宇佐美貴史(バイエルン)
11-12/最高成績:準優勝

・宮市亮(アーセナル)
13-14/最高成績:ベスト16

・柿谷曜一朗(バーゼル)
14-15/最高成績:ベスト16

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る