2014.12.11

古巣バルサ語るイブラ「俺には9万とピッチに21人の友人がいる」

イブラヒモヴィッチ
古巣相手に得点し、喜びを見せるイブラヒモヴィッチ(中央) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループF第6節が10日に行われ、パリSGとバルセロナが対戦し、パリSGは1-3で敗れた。同クラブに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、古巣バルセロナとの対戦に感想を語った。同日付のイギリス紙『デイリー・メール』など各紙がコメントを伝えている。



 2009-10シーズンを過ごした古巣バルセロナとの対戦を終えたイブラヒモヴィッチは、「俺たちはミスを犯した。これがフットボールだ。このようなミスは、カンプ・ノウでは許されない。俺たちは偉大なチームと対戦したんだからな」と語り、自身のゴールで先制しながらも、逆転負けを喫したことに悔しさをにじませた。

 2011年に出版された著書「I AM ZLATAN」ではバルセロナからの移籍直後で、当時の元チームメイトに批判的なコメントを残していた。報道陣に「バルセロナにはまだ友達はいますか?」と問われた同選手は「ああ、いるよ。俺にはスタンドに9万人と、ピッチに21人の友人がいる」と述べ、元同僚との確執を否定した。また、試合後にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらと抱擁を交わすなど、いまだに絆があることを示している。

 15日に行われる組み合わせ抽選会で、グループF2位のパリSGは、他グループの首位チームと対戦することとなる。1回戦の相手については「どのチームと当たっても難しい戦いになる。俺たちと対戦するのは、どれもグループを首位で通過してきた素晴らしいチームだ。でも(グループステージを)終えた今は、何が起きても俺たちは上手くやれると思う。どこと対戦することになっても俺たちはハッピーだ」と語り、決勝トーナメントでの勝ち上がりに自信をのぞかせた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る