2014.09.19

来季CL決勝は、本田と長友の本拠地ミラノのサン・シーロで開催決定

昨シーズンのミラノダービーで盛り上がるサン・シーロ [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ決勝をミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)で開催することを発表した。日本代表MF本田圭佑が所属するミランと同代表DF長友佑都が所属するインテルが本拠地とする、ジュゼッペ・メアッツァでは過去に、1965年と1970年(ともにチャンピオンズカップ時代)、2001年に決勝が行われていた。



 FIGC(イタリアサッカー連盟)のカルロ・タヴェッキオ会長は、イタリアがCL決勝の舞台に決定したことを喜んでいる。イタリアメディア『Football ITALIA』が同会長のコメントを伝えた。

「この決定を祝いたいと思う。我々、イタリアフットボールが再びヨーロッパの主人公になる希望があると示されたのだ。経済的な側面から見ても、CLの決勝は大きな影響をもたらす。その日(CL決勝)を迎えるとき、少なくとも1チームはイタリアのチームがフィールドに立つことを望んでいる」

 なお、2015年6月6日に行われるCL決勝は、日本代表MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンの本拠地であるベルリン・オリンピアシュタディオンで行われる。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る