FOLLOW US

「スペインよ、気を付けろ」「ドイツのハラキリ」…日本代表の“ジャイアントキリング”が世界中で話題沸騰

日本代表の“ジャイアントキリング”が世界中で話題沸騰 [写真]=Getty Images

 FIFAワールドカップカタール2022・グループE第1節でドイツ代表と対戦し、歴史的勝利を飾った日本代表。今大会2度目となる“ジャイアントキリング”を世界中のメディアが取り上げている。

 カタールW杯でベスト8以上を目指す日本代表は、23日に行われたグループE・第1節でドイツ代表と対戦した。W杯通算4度の優勝を誇る強敵を前に、劣勢に立たされると、33分にPKから先制点を許してしまう。0-1のまま突入したハーフタイムで森保一監督は、DF冨安健洋を入れて3バックシステムに変更、さらに57分にFW浅野拓磨、71分に堂安律らを投入する。すると75分に堂安が同点ゴール、83分には浅野が値千金の逆転ゴールを決めて2-1で勝利。ワールドカップ史に残る“ジャイアントキリング”を起こした。

 そんな、日本が起こした“大番狂わせ”に世界中のメディアも話題沸騰。グループEで日本、ドイツと同居するスペインの母国紙『マルカ』では「スペインよ、気をつけろ、日本が来るぞ!!!!」と銘打ち、「森保監督はドイツを倒すために、3人のセンターバックと6人のストライカーという革命を起こした」と森保監督の采配を絶賛。またイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は「ドイツのハラキリ:日本が偉業を成し遂げて2-1で逆転勝利!」と報じている。

 さらにイギリスメディアは『BBC』は「4度の優勝を誇るドイツは、カタールでのワールドカップ開幕戦で衝撃的な敗北を喫することとなった」と、アメリカメディア『ユーロスポーツ』も「ワールドカップに激震、ハンジ・フリック監督率いるチームがカタールで敗北」とドイツ代表の敗北を取り上げている。

 サウジアラビア代表がアルゼンチン代表を撃破した翌日に、今度は日本代表がドイツ代表から“大金星”を挙げた。立て続けに“ジャイアントキリング”が起こっている今大会だが、この先にどのようなドラマが待っているのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO